注文住宅の魅力

注文住宅は一般的に分譲住宅よりも高額になることが多いです。もちろん注文住宅のほうがこだわりを持って家づくりを行っているので使用している材料にもこだわりがあり値段が上がるというのも一因です。それに加えて注文住宅で家づくりを行う場合施主の要望を聞いたり施主と会社をつなぐ役割の人員が必要になります。分譲住宅の場合はこうした担当者が要らないのでこの人件費も住宅価格に反映され高額になるのです。 とはいえ注文住宅でも自分たちで調べたり行動を起こすことで費用を抑えることができるのです。建築会社の中には引き受けてくれない会社もあリますが、商品を持ち込む方法です。建築会社のほうが安く仕入れることができる商品もありますがインターネットや中古ショップなどで手に入れて現場に持ち込むことで材料費を抑えることができるのです。

注文住宅の方が分譲住宅よりもこだわりが強く材料費が多くかかることからも効果になる傾向にあります。とはいえ相場というのは使用する材料によっても地域によっても大きく異なるのです。注文住宅の建築において相場はあくまでも相場で参考程度にはすぎませんがそれでも知らないで住宅建築にかかわるのと知って関わるのでは一つ一つの設備や仕様にかける費用の配分などに差が出てくるのです。相場を見る時は総額よりも坪単価でみたほうが参考になります。 まず柱や梁などの構造部材に使用する材料によって大きく異なります。特に木造では材料によって倍近い原価の違いがあります。ですから建築会社から提示されている坪単価が安い場合には使用している材料も安い場合があるのでしっかりと確認することが必要です。